スマートフォンならではの音楽アプリいろいろ

スマートフォン音楽アプリ特集

スマートフォン最大の特徴は、ユニバーサルなアプリの数々ですね。色々なソフトウェア(アプリ)をインストールして使うことができます。Webから追加機能をインストールするというのは、従来のケータイでは実現しえなかったことです。

 

もちろん、「ケータイのボタン」から「スマートフォンのタッチパネル」という操作性の良さも、ユーザーから受け入れられた特徴でもありますが、スマートフォンOSのグローバル性が現在ヒットしている要因でもあるでしょう。
アンドロイドOSなら、世界中のユーザーが製作したフリーアプリを自由にダウンロードすることができますし、リンゴのiOSなら、公式のiTunesStoreで多彩なアプリを見つけ出すことができます。

 

今回は、次々と登場している音楽系のアプリの中でも、

 

・ダンス・ミュージックを作るための「iKaossilator for iPhone」
 これは、KORGから発売されていたカオシレーターのアプリ版。手軽な操作で直感的にループ音源を作成する事ができます。

 

・着うたを検索するための「うた探!!JOYSOUND」
 気に入った曲を「グッと!」と評価するなど、SNS的な要素を含んだ音楽チャンネル・アプリで、インターネット+携帯端末の特徴を生かした音楽プレイヤー。

 

ほかにも、高度なイコライザーを搭載した音楽プレイヤーなど、スマートフォン独特のアプリの数々を使ってみましたので、ご報告したいと思います。

スマートフォン音楽アプリ特集記事一覧

作業中の自動再生にぴったり『うた探!!JOYSOUND』

スマートフォンで「何となく音楽を聞きたい場合」に使えるのが、アプリ『うた探!!JOYSOUND』iOSとAndroid向けに両対応しています。「ポップス」「ジャズ」など、だいたいのカテゴリーを選んで、流し聴きをしていると、特に良いなぁと思う曲に当たると思います。その時に「グッと!」という、フェイスブ...

≫続きを読む

 

カラオケ練習アプリ

たかが遊び・趣味のカラオケじゃないか。といっても、やはり歌うからには上手に歌いたいモノです。趣味で書道をしている人も、趣味だからといってテキトーな字を書くわけではないですからね。趣味でもちゃんとスキルアップしたいです。カラオケを上手に歌うためには、他人の歌ですから、まずはその歌を丁寧にコピーする必要...

≫続きを読む

 

耳を鍛える音楽アプリ

絶対音感を鍛えるアプリがあります。“絶対音感しましょうか♪”など、ほかにも同等のアプリが公開されています。絶対音感は音楽家でなくても憧れる能力の一つですが、こういったアプリでどれぐらい鍛えられのでしょうか。どのアプリも基本的に、「出力された音を聞いて、その音階を答える」という仕組みになっています。バ...

≫続きを読む

 

WindowsOS + Android だから Winamp

現在では、多数のmp3プレイヤー・ソフトがフリーで配布されていますが、“Winamp”はかなりの老舗ソフトです。スキンによるデザインのカスタマイズや、イコライザーを使った音の微調整なども、このソフトでは初期の頃から取り込まれていました。Oggコンテナで圧縮された音楽ファイルを再生することができるので...

≫続きを読む

 

アプリで音質にこだわるためには

スマートフォンで音楽を聴く時に、単純に再生するだけなら、フリーの軽いアプリを利用すれば良いと思いますが、ヘッドフォンにこだわっていたりして、再生環境を大事にしているなら、アプリにもちょっと工夫が必要です。Android携帯なら、イコライザー系の設定が詳細な“Audio Player WithEQ P...

≫続きを読む

 

ダンスなアプリ“カオシレーター”

KORGのコンパクト・シンセサイザー“カオシレーター”がアプリになっていますね。“iKaossilator for iPhone”は、ガジェット楽器のカオシレーターを丁寧にシミュレートしたアプリです。シンセとしての音作りだけでなく、ループシーケンサーで録音することができますから、長い楽曲を構成するこ...

≫続きを読む

 

バーチャルな録音環境“アンプリチューブ”

ギターリストにウケてますね。iOSで使える“アンプリチューブ”。エレキギターのアウトプットをiPhoneにつないで(iRigという別のアダプタが必要)、アプリを立ち上げると、iPhoneがギターアンプ&エフェクターになります。充電しながら使うとノイズが出るので、十分にバッテリーに余裕が有るときに使う...

≫続きを読む

 

スマートフォンで作曲する音楽アプリ

スマートフォンのアプリには、ループ・シーケンサーを使った作曲アプリが多数あります。それぞれにタッチパネルの特徴を生かした操作方法で使いやすかったり、目新しいコントロールがあったりするのですが、アプリの利用者は割合短期間で「飽きる」みたいですね。アプリの場合には、音楽理論とかキーボードを上手に弾く技術...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ