WindowsOS + Android だから Winamp

WindowsOS + Android だから Winamp

現在では、多数のmp3プレイヤー・ソフトがフリーで配布されていますが、“Winamp”はかなりの老舗ソフトです。スキンによるデザインのカスタマイズや、イコライザーを使った音の微調整なども、このソフトでは初期の頃から取り込まれていました。
Oggコンテナで圧縮された音楽ファイルを再生することができるので、海外で配布されている音楽を再生するのに便利でした。いまは、Ogg対応ソフトも多いのですが、私的にはWinampを使う大きな理由だったと記憶しています。
最近では、ほかのプレイヤーに浮気していましたが、特に海外では標準的なプレイヤーの位置をキープしていたようですね。

 

そこでアプリ版のWinamp登場ですよ。Wifiを使ったファイル同期もできるし、これまでWindowsOSで使ってきたインターフェイスを踏襲しているので、操作に違和感もありません。
ただし、よくも悪くも標準的なアプリではあります。特に大きく変わった点はありませんし、個性的なところもない。アプリとしてはクラシックな感じさえします。

 

GooglePlayでもかなりの高評価を得ています。安定したプレイヤーだといえますし、これからも長くアプリのサポートが続くことは間違いないので、インストール必須のアプリといえるのではないでしょうか。

 

WINAMPで検索すると、Windows版の英語サイトがトップにくるみたいなので、URLを記載しておきます。

 

[WINAMP]
http://www.winamp.com/android


ホーム RSS購読 サイトマップ